Accessはこちら
アクセスマップはこちらから
CORK SNSはこちらから
ツイッター公式アカウント
Note公式

CREATOR

所属クリエイター

現代を思考し続ける小説家

小説家

平野啓一郎

小説家。1975年愛知県蒲郡市生。北九州市出身。京都大学法学部卒。

1999年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。40万部のベストセラーとなる。

以後、一作毎に変化する多彩なスタイルで、数々の作品を発表し、各国で翻訳紹介されている。2004年には、文化庁の「文化交流使」として一年間、パリに滞在した。

著書に、小説『葬送』、『滴り落ちる時計たちの波紋』、『決壊』、『ドーン』、『空白を満たしなさい』、『透明な迷宮』、『マチネの終わりに』、『ある男』等、エッセイ・対談集に『私とは何か 「個人」から「分人」へ』、『「生命力」の行方~変わりゆく世界と分人主義』、『考える葦』、『「カッコいい」とは何か』等がある。

2019年に映画化された『マチネの終わりに』は、累計58万部超のロングセラーとなっている(2020年7月現在)。

TOPICS / NEWS

クリエイターごとの情報

トップへ戻る