Accessはこちら
アクセスマップはこちらから
CORK SNSはこちらから
ツイッター公式アカウント
Note公式

PARTNER

提携企業

株式会社LinkStoryのロゴ

株式会社LinkStory

〒501-0224
岐阜県瑞穂市稲里523-4 LinkStoryビル2F

https://linkstory.co.jp/


全てのサービスや製品には込められた想いや物語があります。 しかし、それは目に見えにくく、なかなか伝わらないことがあります。

私たちは、デザインやITを通じて分かりやすい形でより多くの方に伝えていきます。

そして、過去の物語を私たちが受け継ぎ、 そこに新たな物語を足し、次の世代につないでいくことで社会をより良いものに変えていきます。

BASSDRUM inc.のロゴ

BASSDRUM inc.

〒106-0032
東京都港区六本木7丁目2-8 Wherever6F

https://bassdrum.org/


TECH DIRECTOR COLLECTIVE

Technical directors are professionals who participate in a wide variety of projects as core members and contribute from the technical side.

We have a deep understanding of creativeness and technology, and mediate communication between them. We don’t merely design, prototype or handle development, sometimes we code by ourselves. In any situation of a project, we maximize the effectiveness of the team.

BASSDRUM is a community of such technical directors and also a company of technical direction.

株式会社NASUのロゴ

株式会社NASU

〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中3丁目6-3 T4 BUILDING OSAKA 601

https://takashimaeda.jp/


デザインで成す。

NASU(ナス)という屋号は「為せば成る」に由来しています。「為す・成す」二つの言葉は辞書を引くと、同じ場所に書かれてあります。意味は「作り上げる」「築き上げる」。これはデザインをすることの意味に非常に近い。

誰かが成し遂げたい「夢」や「想い」をデザインの力で作り上げる。デザインは小さな気配りの集まりです。

小さな一つのブロックを一歩一歩積み上げ、強固なブランドを築き上げていく。そんな風にお役に立てれば幸いです。

オシロ株式会社のロゴ

オシロ株式会社

https://osiro.it/


コミュニティの力で、日本を芸術文化大国に。

「アーティストとしては食べていけない」という理由で、アーティストを辞めざるをえなかった多くの才能が日本にはたくさんあります。

日本をより創造性あふれ、クリエイティブな芸術文化大国にするために、日本の作家・アーティストが作品をつくり続けられる環境が必要です。

私たちオシロは、コミュニティの力と可能性を信じ、「コミュニティ・ファースト」の考え方で、日本の文化・クリエイティブ産業を盛り上げていきます。

株式会社コミチのロゴ

株式会社コミチ

https://comici.jp/


Netflixが映像のデジタル体験を、Spotifyが音楽のデジタル体験を良くしたように、コミチはマンガのデジタル体験を良くする『マンガのデジタル・トランスフォーメーション』をミッションとしています。

スマホで読みやすい縦スクロールマンガ専門メディアです。

Mantra株式会社のロゴ

Mantra株式会社

東京都文京区本郷4-1-4 ユニゾ本郷四丁目ビル 4F

https://mantra.co.jp/


海外進出は、日本で売れてから。
それが、マンガを世界で売るための常識です。

けれど、低コストかつスピーディに
マンガを翻訳することができたなら。
もっと多くの作品を世界中に届けられるはず。

だから、私たちははじめます。

まずはAI自動翻訳サービスの提供を開始。
マンガ特有の表現から言い回しまで、
さまざまな言語への自動翻訳を行なっていきます。

最先端テクノロジーがあるからこそ、
起こせるイノベーションがある。
私たちは、漫画家や出版社のみなさんと協力しながら、かつてないスピードで言葉の壁を超えていきます。

トップへ戻る